Navigation




産婦人科

生殖器の疾病予防の最良の方法の1つとして- 外陰部、膣、子宮頸、左右の子宮付属器官(卵巣、卵管)は婦人科健診・検査に含まれています。(内診、双合診、乳房検査など)

全ての16~80歳までの女性は健診対象となります。 若い女性は産婦人科小児科にてテストを受けて頂いています。 対象年齢の女性は何らかの病状が無くとも年に1度は婦人科健診を推奨します。 定期的な検査により予 防、病気へのリスク減少につながります。 産婦人科医との問診・診断後、必要に応じて追加検査をする事が可能 です。 追加検査には生殖器の超音波スキャン、乳房超音波スキャン又はマンモグラフィー(乳房X線撮影)、頸部から細胞を綿棒で採取、診断テストなどが含まれます。

通常、女性は1~1年半の間隔で婦人科健診を行いますが、検査結果に対する不安・恐れにより数年間産婦人科健診をされない方が多いのが現状です。 16~17才の若い女性で産婦人科医による健診は不要と誤った判断・認識をする方が多くいますが、この年齢・年代からこそ生殖器の病のリスク予 防がとても重要です。

産婦人科健診は年に1度、病への予 防、早期発見・治療につながります。 18才以上の性行為未経験者の女性でも産婦人科健診を受診する事をお勧めします。 このような健診は発育障害の治療、病の予 防につながります。

Alfa-Lekメディカルセンターは最新技術・設備により質の高い産婦人科健診・検査を提供します。私共の経験豊富な医療スタッフが皆様の問題・不安の手助けとなります。

質問・ご意見等ございましたら、遠慮なく当メディカルセンター申 し付け下さい。 又、当メディカルセンターへの予 約も随時受け付けております。

Leguages:

Links:

Medical Center Warsaw

Gallery:

Medical Centre Warsaw

Dental